氷の張った水の中でも生きていた!頑張れめだかちゃん!

最近ではめだかちゃんのスイレン鉢およびバケツにはってあるお水が凍ってしまいます。

先日の雪の日もそうですが朝になると氷が張っています。

IMG_2816.jpg

ひしゃくでコンコンと叩いても割れない厚さです(驚)
これは中のめだかちゃんも凍ってしまっているのでは???

私自身も初の越冬ですので心配で心配でなりません。
仕事に出かける時間帯が朝で凍っているのですが昨日は昼過ぎに家に帰ってきたので見てみましたところ・・・

生きていました!
全員集合をかけれませんし、この時期ただでさえ底に隠れていますので水面だけ見てても全員の安否は確認できない状況です。

しかし、特に白メダカは水面まで来なくてもやや上部まで上がってこれば水面に白い影が映りますので・・・少なくとも白いめだか数匹は生きていると言うことになります。

夏の暑い盛りのときは餌をあげようとするとみんな水面まで元気に出てきたのですが水温が下がる晩秋からは愛想の無いものになりました。

一体何匹生きているんだろう。
水温が下がった今は蒸発で少なくなった水量分だけの補充だけで水の掃除は行っていませんし、大人しく底に隠れているのにひしゃくですくってみるようなことは致しません。

人間も春までの我慢です。
じっとね、じっと。。。

↓↓↓下のボタンにポチっとしてくれると勇気が出ます
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

メダカ ブログランキングへ