教育虐待、そして、虐待の末の殺人。名古屋市で起こった事件の裁判が始まったそうです

中学受験を控えた小学生の息子佐竹崚太君の胸を刺し殺害したとして、殺人の罪で起訴されている佐竹憲吾の初公判が開かれました。

被告は殺意を否認しているみたいです。

佐竹被告は自分の人生はうまく行かなかったので子供に期待して、無理やり勉強させ、暴力をふるっていたそうです。

まずは・・・分からんでもない。すみませんです。

佐竹被告は「刺していない」と否認しているみたいです。本心なのか、弁護人からの指図なのかは分かりませんが・・・もう、素直に認めてしまったほうが彼にとってはいいと思うのだが、否認して今さら何を勝ち取ろうというのだろうか?

「教育虐待」

自分の人生はうまく行かなかった、そして、その分子供に期待を過度にかける。

↑ ↑ ↑

恐ろしくわかる。
しかし、冷静に他人事で考えると子供の人生は子どものものであるので、自分の人生とすり替え手はいけないのである。

私は勉強に関しては確かに厳しくさせようとしている。この理由が・・・やはり自分とシンクロさせてしまっている。

ある程度の管理をしないと、自分で宿題をしたり、明日の用意すらできていない。分からない問題は分からないままにしている現実。このままでは、こいつもまたダメな人間になってしまうのではないか。

なんだか負のループだな。

世の中では教育虐待による、子供を殺してしまう例は他にもあるそうだ。それもほとんどが男親が教育熱心な場合に多いとのこと。

どのようにしていいのかは・・・残念ながら私にはまだ分からない。さらにいざその場になって、いざ勉強をしない子供の前にいる自分に何を伝えればいいのか。それとも何もせずほおっておけばいいのか。

ほどほどのレベルを維持することは難しい。

↓↓↓下のボタンにポチっとしてくれると勇気が出ます
にほんブログ村 家族ブログ 仲良し家族へ
にほんブログ村

育児 ブログランキングへ

姉妹ブログです(^^)
むーちゃんパパの食いしん坊グルメ☆名古屋・春日井周辺☆
がんばれむーちゃん!発達障害なんて怖くない!
むーちゃんのそれが真実、それパチンです!
むーちゃんとめだかちゃん飼育日記"
むーちゃんパパ85000グラムからの挑戦☆散歩をして写真を撮りそして体重のことを思う☆
むーちゃんパパのtwitter@muuchanpapa