愛知県知事選挙にパチン!(まもなく)今日は投票日です!

明日、2月1日は愛知県知事選挙です。

任期満了に伴う愛知県知事選は2月1日に投票、即日開票される。無所属で現職の大村秀章氏(54)=民主、維新、公明、生活、次世代推薦=と無所属新人で愛知県社会保障推進協議会事務局長の小松民子氏(64)=共産推薦=が立候補している。4年間の県政の評価が主な争点で、新人5人が乱立した2011年前回知事選に比べ、投票率の落ち込みを懸念する声もある。(日本経済新聞より

無所属で現職の大村秀章氏(54)さん

無所属新人で愛知県社会保障推進協議会事務局長の小松民子氏(64)さん

明日行かなきゃな、選挙。

しかし、大村現知事と真っ向勝負しようと言う野望を持ったすごい人は愛知にいなかったかねぇ

大村さんもいい人そうだしこれまでも頑張っていらっしゃったと思うから、このままだとかなり優勢ですわね。共産党は頑張って候補者を立ててこられて大したもんです。前回の衆議院選挙の躍進にも分かるように頑張ろうという気概が伝わります。

日経の記事を読むとこのままだと投票率が低いだろうとあったが・・・そりゃそうだ。
候補者が二人だし、目立った候補者(対抗馬)もいないし、全国的にもあまり注目されていないのかしら?TOYOTAさんのお膝元ですが・・・関係ないの?

小松っちゃんのフェイスブックに、「県知事が変われば、暮らしが変わる」と、住民の暮らし優先の愛知県政実現へ向けた決意を訴え抜きました。・・・とありますがそもそも県知事って何するんだろう?

都道府県の行政に携わること
知事は、都道府県の行政に携わる。知事の仕事には、次のようなものがある。

[予算案を決め、県議会に提出する]
その年度の収入と支出の見積もりを「予算」と言う。だいたい2月末頃から開かれる議会に、知事は予算案を提出する。それが県議会で議決されると、最終的な予算になる。

[条例案を決め、県議会に提出する]
都道府県が制定できるきまりのことを条例と言う。憲法や法律に反しない範囲で、都道府県は条例を設けることができる。条例案は、議員と知事のどちらからでも議会に提出できる。

[拒否権]
議会が決めた予算や条例に不服なとき、知事はそれを拒否することができる。このとき、議会は審議のやり直しをしなければならない。

その他、知事は都道府県を代表する最高責任者としていろいろな仕事をする。知事は住民の直接選挙で選ばれる。その意味からも、知事には強い職務権限が与えられている。

weblio辞書より

私は大学一年生のときから愛知県に住んでいます。
感想はとてもいい県だと心底思っています。しかし、愛知県、特に名古屋は何かと悪いことばかりで目立ってしまいます。

ネット上で愛知県や名古屋のことを悪く書かれるのは事実をもとにしての事であっても大変残念でたまりません。

もっともっと愛知県や名古屋のいいところを世に発信したくさんの観光客の方を呼び込みたくさんの企業にも来てもらいたい。お年寄りの方や支援を必要とされている方に優しい県運営をしてもらいたいですね。

交通事故もあまりに多いのでこれも何とかならんですかね?←知事の仕事に関係あるのか?
薬物犯罪などもあるし、平和に過ごせる社会も望みたいです。

愛知県
私は生まれは富山県ですが、この先もずっと愛知県にいる予定ですのでもっとパチンと頑張ってほしいですね。

適当に都会で適当に田舎の愛知県
私は好きだなぁ

↓↓↓下のボタンにポチっとしてくれると勇気が出ます
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村

アフィリエイト ブログランキングへ