覚王山日泰寺を歩いて写真をパシャリ☆名古屋市千種区覚王山☆

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

久しぶりに名古屋市千種区にあります覚王山日泰寺に行ってきました。

ここは雄大で綺麗な寺院です。日本で唯一のいずれの宗派にも属さない日本の全仏教徒のための寺院で、釈尊(お釈迦さま)のご真骨をタイ国(当時シャム国)より拝受し、仏教各宗代表が協議し奉安する為に1904年(明治37年)に建立された。(HPより

IMG_2119.jpg

一歩なかに入ると山門がどどーんとそびえ立っています。

IMG_2126.jpg

両脇の二体の像は、高さ4.5m、楠一本造りで、向かって右側には阿難尊者(釈尊の弟子で晩年侍者として仕えて最後を看取った)、左側には迦葉尊者(仏弟子の最長老で釈尊滅後の仏教教団を率いて二祖となった)が立っている。製作は円鍔勝三先生(平成元年)(前出HPより

IMG_2130.jpg

山門の左側に建っている「迦葉尊者」

IMG_2129.jpg

山門右側の「阿難尊者」

大きくて見上げながらよくお顔を拝見します。

IMG_2132.jpg

五重塔と右側に見えるのは鐘楼です。

ちなみに鐘を打てるならと思い鐘楼に行きましたが・・・いたずらでも打てないようになっていました。場所によっては無料ないしは有料で鐘を打てる所がありましたので・・・残念。

IMG_2134.jpg

五重塔は・・・立派なものですね!これだけでも充分に見応えがあります。

IMG_2135.jpg

この鐘に書いてある文字。山門横の像のところにもありました。
調べると「タイ文字」です。日本語と英語しか見慣れない私には異種変わった文字でなんとなくギャル文字に見えてしまうのは私だけだろうか。

IMG_2138.jpg

いよいよ本堂です

IMG_2141.jpg

心静かに手を合わせます。

ここでお線香を買いました。

IMG_2144.jpg

案内では火鉢の中に火種が入ってるとありましたが・・・どこでしょう?最初は分からずに人の火に押し当てていました(汗)

初老のご夫婦が来られたのでお聞きしましたら灰の中に埋まってて火種を教えてくださいました。

IMG_2145.jpg

こうやりますと火がつきます・・・ご親切に教えて下さってありがとうございます。

この後参堂を広小路通りまで見学し帰ることにしました。

ここの街を歩いてますと気分も晴れ晴れとても気持ちの良い街でございます。

↓↓↓下のボタンにポチっとしてくれると勇気が出ます
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ